クリニックで働く看護師の仕事内容

クリニックで働く看護師の仕事内容

看護師の転職先としても人気が高いクリニック。多くの患者さんが来院したり入院している総合病院と比べてのんびりしていそう、というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

クリニックとは、入院施設がないか、ベッド数が19床以下の医療機関のことを言います。クリニックは一人〜数人の医師と、同じく数名の看護師で診療しているところがほとんどです。また、入院施設がないクリニックでは夜勤もありません。

 

多くの来院患者さんや入院患者さんがいる総合病院と比べてゆったりと仕事をしているというイメージがあり、「クリニックに転職したい」と言う看護師も少なくありません。

 

クリニックでの看護師の仕事内容

外来診療が中心のクリニックでは診療介助が看護師の主な役割となります。具体的には問診、バイタル測定、採血、点滴処置、検査説明などを行います。クリニックによっては心電図の測定やレントゲン画像の現像などをする場合もあります。

 

その他にも医療器具の洗浄や消毒、タオルや衣類の洗濯、クリニック内の掃除、診療ベッドの準備、備品の発注などの雑務も看護師が行います。受付がいないクリニックでは看護師が受付や会計、電話対応をすることもあります。

 

病院勤務の看護師からするとクリニックの仕事は楽だというイメージが強いですが、実際には看護師が行わなければならない業務は多く、テキパキと行動することが求められます。

 

クリニック勤務の看護師に求められるスキル

クリニックで勤務する看護師にはどのようなスキルが求められるのでしょうか?

 

高い医療スキル

クリニックは総合病院に比べて医師も看護師も少人数で患者さんを診ています。そのため血圧測定や点滴、注射など看護師ができる医療行為はすべて行わなくてはならないクリニックも多いのです。クリニックで働く場合は「注射が苦手なのでできません」と言うわけにはいきません。

 

また、入った時から即戦力として扱われることがほとんどなので、新卒でクリニックに勤務すると苦労するかもしれません。

 

コミュニケーションスキル

クリニック勤務の看護師の仕事は、医師の補佐だけではありません。時には受付をすることもあったり、電話対応が金内容に含まれているクリニックもあります。また医師の指示を受けて患者さんの指導をすることもあります。

 

さらに、一般の病院よりも勤務している看護師が少ないため人間関係も密になりやすいので、高いコミュニケーション能力が必要となります。

 

臨機応変な対応

クリニック勤務をしていると、本来なら看護師の仕事ではないこともしなくてはならない場合が多々あります。そんな時に「これは看護師の仕事ではないのでできません」という態度でいると、クリニックで働いていくことは難しいでしょう。

 

備品管理や掃除、医療器具の洗浄などできることは何でもやる、という態度で臨機応変に仕事をこなしていくことが大切です。

 

クリニックで働くメリット

クリニックで働くメリットは、夜勤がなく休憩時間が長いということです。看護師の仕事をしたいけれど夜勤は無理、という人にはクリニック勤務がおすすめです。

 

その他にはアットホームな職場が多いので、人間関係がうまくいっていれば急に休みたい時など調整してくれるところも少なくありません。また、単科が多いクリニックの方が専門的な看護を学べる場合もあります。

 

クリニックで働くデメリット

クリニック勤務のデメリットとして挙げられるのは、人間関係についてです。少人数で運営している所が多いクリニックは、高いチームワークが求められます。そのため職員の輪に入れないと勤務しづらくなります。

 

また美容外科クリニックのような自由診療のところは、看護師と言うよりサービス業のような接し方を求められるところもあります。福利厚生も総合病院と比べると良いとは言いにくいです。経営状態が厳しければ当然給料も期待できません。定期的な昇給もないところがほとんどです。

 

転職の際は条件などを事前にしっかり確認しておいた方がいいでしょう。