放射線科で働く看護師の仕事内容

放射線科で働く看護師の仕事内容

放射線科とは、その名の通り放射線を用いた治療を行うための診療科の一つです。放射線科ではレントゲンやMRIを使用した検査のほか、がん治療などを行っています。またIVRというX線透視像や血管造影像、CT像などで身体の中を観察しながらカテーテルや針を入れて治療することもあります。

 

放射線科での看護師の役割は、大まかに放射線によって検査を行う画像診断部門と治療部門である放射線治療科に分かれます。放射線科の看護師の役割と言うと前者をイメージする人も多いと思いますが、医療技術の進歩とともに公社の役割が付け加えられました。どちらの看護師として働くかは、放射線治療科の有無など病院によって異なります。

 

放射線科の看護師の仕事内容のうち、従来の画像診断部門について、レントゲン造影、消化管造影、血管造影、SPECT、CT、MRI、PET、超音波検査などを行います。これらの仕事は放射線技師や放射線外科医が主体となって行い、看護師の仕事は医師や技師と連携し手助けすることです。具体的には検査前の各種検査器具を準備すること、検査の前後に患者さんとその家族に対して検査内容を説明し、納得してもらうことです。

 

「放射線」と聞くと少しナーバスになる人も多いため、こうした説明役がいないと患者さん自身が不安になり、最悪の場合検査に悪影響を及ぼしかねません。身近な存在である看護師が検査内容を伝え、検査の重要性について説明することで不安要素を取り除いていかなくてはならないのです。

 

放射線科の看護師のやりがい

放射線科にはさまざまな診療科の患者さんが検査や治療のために訪れます。また、核医学やIVRは現在もどんどん進歩しており、いろいろな治療法の向上に役立っています。そのため、放射線科で働くとたくさんの患者さんの治療を支えていながらも、最先端の医学に携わっていることを実感できます。

 

放射線科で働くメリット

放射線科で働く看護師のメリットは、基本的に日勤のみで残業も少ないということです。たとえ患者さんが入院していても、夜中に検査や放射線治療を行うことはないので、放射線科の看護師の仕事も日勤のみということになります。それでいて専門領域であることから給料は高めに設定されている場合もあり、プライベートを充実させることも可能です。

 

また放射線科では放射線という繊細な分野を扱うため、専門知識を蓄えることができます。加えて一般的な看護技術を身に付けるのにも適した診療科なので、人気も高いのです

 

放射線科で働くデメリット

放射線科で働くデメリットは、常に最新の医療技術に携われる反面、勉強することが多くて負担に感じやすいということです。スキルアップできる環境ではありますが、人によってはそれがデメリットに感じてしまうこともあるでしょう。また、基本的に日勤のみの勤務になるため夜勤手当が付きません。そのため夜勤手当のある病棟勤務の看護師に比べると、どうしても給料が低くなってしまいます。

 

被曝の危険性は?

放射線科で働くうえでやはり心配なのは、被曝しないかどうかということだと思います。

 

放射線科はその名の通り放射線を扱う診療科であるため、日常的に放射線に接することになります。直接放射線に触れるのは患者さんですが、取り扱う放射線技師や医師、看護師も同様に被曝の危険性にさらされます。患者さん自身に比べればはるかに危険性は低いものの、ゼロではありません。そのため放射線科に所属する職員全員が定期的に健康診断を義務付けられており、放射線のリスクを抑え、万が一何らかの異常があった場合に速やかに治療を受けられるシステムが整っています。

 

また、日本放射線専門医会によると、日本の医療関係者の被曝線量は平均1ミリシーベルト/年以下で、放射線科で働く看護師の約80%は個人線量計では計測できないほど少ないことが分かっています。また、同会の調査で不妊や胎児への影響、がんの誘発などに影響がない程度の被曝量であることが確認されているので、安心して働くことができます。