看護師が転職するきっかけ

看護師が転職するきっかけ

看護師が転職するきっかけは人によってさまざまです。では、どういったきっかけが多いのでしょうか?

 

結婚・出産を機に退職する

看護師が転職するきっかけで最も多いのが結婚や出産を機に退職するというものです。その後、子育てが一段落してから復職する看護師も大勢います。また結婚をするとライフスタイルが変わるので、夜勤や残業などのない働き方に切り替える人もいます。

 

一度退職しても看護師の資格を持っていると復職しやすいというのが看護師の大きな利点です。現在は看護師が常に不足しているため、看護師の求人は数多くあります。また年配になっても働けるというのも大きいです。

 

キャリアアップ・スキルアップをしたい

結婚や出産以外で転職をするきっかけとして多いのが、キャリアアップやスキルアップを目的とした転職です。今の病院とは違う病院で経験を積みたい、資格の勉強のために自分の時間が持てる働き方がしたいなど、前向きな理由としてよく挙げられます。スキルアップをして給料アップを見込んでいる看護師も多いようです。

 

 

しかし、転職のきっかけはこうした前向きな理由ばかりではありません。

 

人間関係がうまくいっていない

看護の現場は女性が多い職場のため、人間関係がうまくいっていないとかなり辛い思いをします。ミスをした時に先輩や上司から嫌味を言われたり罵倒されたり、いじめや嫌がらせをずっとされて我慢の限界に達してしまったり、最初はほんの小さなことがきっかけでも、それが積み重なるとどうしても耐えられないほどの苦痛に変わっていくこともあります。

 

考え方や性格が合わない人がいれば衝突することがあったり、理不尽に怒られたりすることもあるかもしれません。こうした人間関係のトラブルはそのまま放っておくと精神的な負担となり、心身ともに疲れ切って体調を崩してしまう場合もあります。そうなる前にその職場を離れ、自分にあった職場を探すことをおすすめします。

 

仕事がハードで体力的にキツイ

また看護師の仕事は、ハードスケジュールで体力的にも精神的にもキツイものです。シフト制の場合は夜勤などもあり生活リズムも崩れがちです。また急患や入院患者さんの急変などいつ何が起こるか分かりません。救急病院などは目の回るような忙しさです。人の命に関わる仕事のため、精神的にもかなり辛いこともあります。

 

そんな激務に耐えかねて転職を決意する看護師も少なくないのです。特に30代になると体力的な負担もかなり大きくなり、体調を崩して退職をする看護師もいます。

 

 

理由はさまざまですが、こうしたきっかけは転職先を考える重要な手がかりにもなります。なぜ今の職場を辞めたいのか、どんな職場で働きたいのか、どんな働き方をしたいのか、そういったことをはっきりさせることで、次に働く職場に求める条件を決めることができると思います。

 

転職先を選ぶときはまずは転職をしようと考えたきっかけを思い返し、自分の中で転職理由を整理してみるといいでしょう。