呼吸器科で働く看護師の仕事内容

呼吸器科で働く看護師の仕事内容

呼吸器科は気管支、肺、胸郭など呼吸に関わる臓器を治療する診療科です。呼吸器科は疾患によって内科、外科に分かれます。

 

呼吸器内科で扱う疾患は、肺炎や喘息、気胸、結核などを主に扱います。呼吸器外科では肺がんを扱うことが多いですが、内科に行くこともあります。また気胸の治療で外科に行くこともあります。この違いは治療法によるもので、内科は薬を使って治療を行い、外科では手術を行って治療をします。

 

肺がんはがんの部位別死亡率で男性の1位、女性は2位となっています。また肺炎は日本人の死因の第3位となっています。肺がん、肺炎じゃ高齢者に多い病気ですが、呼吸器科の患者さんは高齢者だけではありません。インフルエンザをこじらせれば呼吸器科にかかることもありますし、気管支喘息も呼吸器科で診る病気です。小さな子どもや若い人、高齢者まで比較的患者さんの年齢層が幅広いというのが呼吸器科の特徴です。

 

呼吸器科の看護師の仕事内容は、外来やクリニックでは医師の診察の補助や検査介助、その他の雑用などが主なものとなります。病棟の場合はバイタルチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、食事介助、診察の補助などが主な仕事になります。仕事内容としては一般的な診療科とそれほど違いはありませんが、呼吸器科の治療は酸素療法を行うことが多いので、酸素療法に関する仕事は他の診療科よりたくさんあります。

 

酸素療法とは

酸素療法とは自分が呼吸しても酸素が十分に取り込めない場合に、酸素マスクやテントなど外部から高濃度の酸素を送ってあげることで酸素を取り込む方法です。器具を使って患者さんに適切に酸素を送ることで、苦しさを取り除くことができます。酸素療法には鼻カニュラ(ナザール)や酸素マスク、リザーバーマスクを使った一般的なものから、CPAP療法やベンチュリーマスクのようなもの、人工呼吸器を使うこともあります。

 

医師の指示に基づいた色々な酸素療法を管理し、患者さんに適切に酸素が送られているかを観察することは、呼吸器科の看護師の大切な仕事です。

 

呼吸器科の看護師のやりがい

呼吸器科の看護師のやりがいは、自分が行った看護で患者さんの呼吸状態が改善するなど、看護の成果を実感できるという点です。呼吸器内科は看護師が患者さんに対してできることが多い分野なので、患者さんのために何ができているかを自分で考えて実行できる人に向いています。

呼吸器科で働くメリット

呼吸器科で働くメリットは、呼吸器に関する高いスキルをに見つけられるということです。後に他の診療科に移ったとしても、呼吸器を扱える技術は役に立つ可能性があるので、覚えておいて損はありません。

 

また、患者さんへの働きかけの成果が出やすいのも呼吸器科のメリットです。急変などもあるため気を抜くことはできませんが、やりがいを感じやすい職場です。

 

呼吸器科のデメリット

呼吸器内科で働く場合、病気の性質上急変することもあるので常に気を付けていなければなりません。呼吸器は酸素を取り込むために必要な器官ですので、そこに問題が起こると命に関わります。急変があるということは、看護師にとって残業が多くなるということです。そのため定時に帰りたい人にとっては向いていないかもしれません。