看護師の子育て

看護師の子育て

男女平等が謳われる現代ですが、やはり家事や子育ては女性の負担が大きいのが現状です。働く女性は家事や育児と仕事をどうやってうまく両立できるか常に葛藤しながら働いています。特に、女性が多い上ハードな仕事である看護師は、このバランスをとるのが難しい職業です。

 

結婚や出産を機に退職する看護師も多くいますが、仕事を続けたい、キャリアアップをしたいと結婚して子どもが生まれてからも仕事を継続している人もいます。せっかく取った資格を活かして仕事をしたいという人や、看護の仕事が好きでやりがいをもって仕事をしている人も大勢います。

 

しかし、実際には育児と看護師の仕事の両立はなかなか難しいもの。では、どうすればうまく両立できるのでしょうか?

 

子育てしやすい環境に転職する

看護師が子育てをしながら仕事を続けるには、職場の理解がとても重要です。子どもの体調不良のたびに欠勤・早退を繰り返してしまうのは仕方ありません。こうしたことに理解を示してくれる職場を選ぶようにしましょう。

 

また、職場が子育てしやすい環境であればなおのこと安心です。託児所が病院内にあれば送り迎えも楽ですし、病児保育を行っている病院であれば病気の時も預かってもらえます。

 

子どもが大きくなるまではパートで働く

仕事を終えてから家事をするのも大変ですし、夜勤があると生活リズムも不規則になるので体への負担が大きくなります。また、子どもが病気になり保育園や託児所に預けられない場合は仕事を休まなければなりません。正社員であれば、残業でお迎えが遅れてしまったりといったことも起こる可能性があります。そういった場合は、子どもが小さい時期はパートで働き、勤務時間も15時までなどの短縮勤務で働くことをおすすめします。また、仕事は夜勤のない仕事を選んだ方が良いでしょう。

 

ある程度子どもが大きくなって手を離れればまたフルタイムで仕事ができるようになるので、キャリアアップをしたい人や、給与をアップさせたいという人はそれから正社員でまた働き始めることができます。無理に仕事を続けてしまうと、体調を崩したりイライラした状態が続くようになってしまいます。小さい子はお母さんのちょっとした変化も敏感に感じ取って不安になってしまいます。お子さんのためにも、自分のためにも無理なくその時の状況にあった働き方を選びましょう。

 

家族としっかり話し合い、協力を得る

働く女性が子育てと仕事を両立させるには家族の協力が必要不可欠です。パートナーや自分の親、親戚、信頼できる人といちどじっくり相談して、困った時や手いっぱいになった時に助けてもらえるように話しておきましょう。看護師という仕事についても理解してもらえるといいですね。

 

家事についても分担したり、簡単に済ませることでストレスや負担を軽くする工夫をしましょう。