看護師の求人倍率

看護師の求人倍率

看護師の求人倍率は、非常に高く、2〜4倍の求人倍率と言われています。
そう言う意味では安定している職業と言えます。
普通の職業は、0.1〜0.5倍と言われているので、いかに看護師の求人倍率が高いかがよくわかります。
1人につき2〜4件の求人情報がある看護師は、完全に売り手市場になっています。
今現在、0.41が全職業における求人倍率で、そんな中、看護師は2.61という高い求人倍率を示しています。
こうした背景には、職業に対する需要もさることながら、国家試験に合格しなければ看護師になれないというステータスの高さも大きく影響しています。
また、看護師の仕事は非常にハードで、心身ともに疲れる仕事です。
人間関係も複雑で、待遇も決してよくないことから、すぐに辞めていく人も後を絶ちません。
看護師になること自体難関であるにもかかわらず、働き始めても業務内容が過酷で人材が定着しない職業です。
現在、看護師の数は、どこの医療機関でも不足していて、求人倍率は約3倍を示しています。
転職を考えている人にとっては魅力的ですが、求人数がいくら多くても、条件のいい求人ばかりではありません。