認定看護師とは

認定看護師とは

認定看護師とは、日本看護協会が策定した資格認定制度であり、熟練した看護技術と知識を駆使して、水準の高い看護を目指す看護師のことを指します。
主として、高度化、専門分化が進む医療現場での看護ケアの広がりと看護の質の向上を目的としています。
認定看護師は、看護現場において、個人、家族、集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践します。
そして、看護実践を通して看護職に対して指導を行い、看護職に対してコンサルテーションを実施します。
これら3つの役割を果たすことで、看護ケアの広がりと質の向上に貢献します。
認定看護師が携わる特定の看護分野には、救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、乳がん看護、小児救急看護、認知症看護など21分野があります。
認定看護師になるには、保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を取得していなければならず、さらに免許取得後、実務研修が通算5年以上あり、3年以上は認定看護分野の研修を受けていなければなりません。
また、認定看護師教育課程を修了している条件が必要で、その上で試験に合格しなければなりません。