看護師の志望動機

看護師の志望動機

転職の際に履歴書に書いたり、面接でも質問されることの多い志望動機。採用担当者が合否を決める際にも重要なため、適当なことは書けませんよね。でも、何を書いたらいいのか、どうやって書いたらいいのか悩む人も多いと思います。そんな人のために、志望動機を書く際のポイントをいくつかご紹介しましょう。

 

看護師の志望動機に求められるものは?

看護師に求められる志望動機は一般企業と変わりません。一般企業であっても、看護師であっても採用担当者が求める点は共通しています。

 

採用担当者が求める人物像
  1. すぐに辞めず、長く働いてくれる人
  2. 即戦力、新卒であってもできるだけ早く一人前になる人
  3. 組織に適合できる人

 

最近は看護師不足のため、他の職種に比べると採用されやすい方ではあります。しかし、だからといって採用側も看護師資格があれば誰でも良いと考えているわけではありません。志望動機は採用担当者もかなり重要視する項目なので、上記の点を押さえて自分はどんな人物かなぜこの業種を選んだのかなぜこの病院を選んだのかといった採用担当者の興味・関心に応える内容にしましょう。

 

志望動機を書くための準備

志望動機を書く前に、まずは情報収集や自己分析を行っておきましょう。

 

志望する病院の情報収集

まずはこれから勤務することになるかもしれない病院についてパンフレットや病院のホームページをチェックしておきましょう。事前に病院の様子を実際に見に行く機会があれば、見学にいくのも良いですね。あらかじめ病院について調べ、理解することでその病院を選んだ理由を具体的にしておきましょう。

 

今までの経験から何ができるか

次に、自分がこれまで経験したことからどんなことができるのか、どんな形で病院に貢献できるのかということを明確にしましょう。採用は他の応募者と自分を比較されるということを念頭に置き、自分の長所、スキル、経験などをアピールして自分が採用に値する人材であることを理解してもらえるようにしましょう。

 

今後どんな看護がしたいか

看護という仕事を自分自身がどのように捉えているか、自分の看護観をはっきりさせることも重要です。看護師としてどんな風に働きたいか、自分が目指す看護が病院の理念や取り組みと一致しているかということはとても重要なことです。せっかく転職しても病院の方針と違った、なんてことのないように事前にチェックしておきましょう。

 

志望動機の書き方のポイント

では実際に志望動機を書く際に気を付けておくべきポイントをチェックしていきましょう。

 

マイナスなことはプラスに言い換える

転職理由に「人間関係が悪いので」などマイナスな表現をしてしまうとネガティブな印象を与えてしまいます。転職理由や志望動機を書く際は本音は隠して建前を使うことは大前提です。特に自分の都合で転職する場合は前の職場に対する悪口にならないように気を付けましょう。

 

どこかで聞いたようなフレーズの丸写しはNG

「貴院の理念に深く共感したため志望いたしました」などのよくあるフレーズでは動機が浅く採用担当者に興味を持ってもらうことはできません。具体的にどんな部分に魅力を感じたのかなど、自分のキャリアや目標と絡めて自分の言葉で書くようにしましょう。

 

受け身ではなく、自らチャレンジし学ぶ姿勢をアピールする

「勉強させていただきたい」などといった表現を謙遜のつもりで書く人は多いと思いますが、こうした表現は受け身な印象を与えてしまいます。採用担当者が求めているのは即戦力になる人材です。未経験の分野へのチャレンジだとしても、自主的に勉強する姿勢を伝えましょう。

 

長く働くつもりであることを強調する

採用する側は長く働いてくれる人を求めてています。こういった理由で長く勤めることができる、こうした目標があるので長く頑張りたいなどのアピールをしておきましょう。

 

 

また、看護師転職サイトでは担当のキャリアアドバイザーに履歴書や志望動機の書き方について相談することもできます。志望動機をうまく書けずに悩んでいる人はこうしたサービスを利用してみるのもいいでしょう。