特定看護師とは

特定看護師とは

特定看護師というタイプの看護師を聞いたことがあるでしょうか。
あまり聞いたことが無い人が多いのではないでしょうか。
それもそのはず、現在資格化が検討されているタイプの看護師であり結構新しい看護師なのです。
では、特定看護師とはどのような看護師なのかここで、確認をしていこうと思います。
特定看護師は、診療の補助に該当しないと認められる医療行為について、医師の指示を受けて、診療の補助と題して新たに実施出来るような看護師の事を指します。
つまり、通常の看護師では診療の補助に該当しないような医療行為について、さらに広範囲な医療行為が出来るようになったという事でしょう。
現在、資格化が検討されている段階の看護師であるので、詳細にはどのくらいの医療行為が出来るようになるのかは定かではありません。
このような特定看護師の資格化が検討されるようになったのは、現場の医療スタッフの仕事が莫大な量に上っているという現状があるためです。
それを解消するために看護師のできる仕事の量を増やそうというのが一つの狙いなのです。
この様に将来的には看護師の仕事はさらに広くなる事が予想されるのです。