在宅ワークで働く看護師の仕事内容

在宅ワークで働く看護師の仕事内容

看護師資格を活かしてにできる仕事の中には、在宅でできる仕事もあります。家にいながら仕事ができるので、育児中や家事の合間に仕事をしたり、看護師をしながら副業として行うことも可能です。

 

看護師が在宅で働く場合は、次のような仕事があります。

 

保健指導や特定保健指導

この仕事に就く場合は、看護師免許取得者であれば特定保健指導の経験が必要となりますが、保健師免許の取得者も働くことができます。職場によって応募資格に違いがあるので、その点は注意が必要です。

 

この仕事では、メタボ診断で注意を受けた人の相談窓口となって指導を行います。看護師としてこの仕事に就く場合は特定保健指導の経験が求められることがありますが、特定保健指導の経験がある看護師にとっては知識やスキルだけでなく、経験も活かすことができます。

 

基本的には電話対応ですが、場合によっては個人面談や家庭訪問、企業訪問などをひつようとするものもあります。

 

健康管理相談員

介護施設の利用者や在宅療養中の患者さんからの健康相談を受け、それに対し看護師としての観点からのアドバイスを行うものです。基本的に電話でやり取りをしますが、研修や教育制度が充実している場合が多く、未経験でも働きやすくなっています。

 

また職場によっては電話相談に加えて訪問が必要な場合もありますが、自宅周辺地域に限定されていたり訪問の時間も1時間程度であったりと、一般的な看護師の勤務時間に比べると体力的な負担は少ないでしょう。

 

ナース支援サイトの記事執筆

この仕事は、サイト運営者から提示されたタイトルの記事を執筆したり、実際の経験談を執筆したりするものです。自宅での副業としてこの仕事をする人は多く、看護師として働いた経験があれば誰でも始めることができます。

 

ブログを書くのが好きな人や文章を書くのが好きな人に向いており、空いた時間を活用することができるので、子育て中の看護師さんに人気があります。